名古屋をはじめ愛知・岐阜・三重で不動産売却ならおまかせ 興和不動産株式会社

Century21(センチュリー21)興和不動産愛知、岐阜、三重で14年連続No.1の販売実績

不動産売買のプロが教える不動産情報コラム

物件を売却するためのコツ 物件見学に来るときの心得その1

前回、「お手持ちの不動産をスムーズに売却するために気をつけるべき4つのポイント」と題してコラムを書かせていただきました。
 
今回は、前回の記事のPoint3にも書かせていただきました、購入希望者様が物件の見学(オープンハウス)に来る際、どのように対応したほうが良いかをまとめさせていただきます。

  1.第一印象が大切です。エントランス周り、玄関の清掃は念入りに行いましょう。
   購入希望者の方には物件に対して良い印象を持っていただく必要があります。そのためにも、玄関
   の清掃やお部屋のお片づけ、床の掃除などをしっかり行っておきましょう。
   特に玄関はお客様をお出迎えする家の顔の部分になります。玄関を開けたら靴が雑然と並んでいる
   と悪い印象を持たれてしまいますので、しっかり片付けをしておきましょう。マンションの方は、
   ポーチなどの共用部分もきれいに片付けておくと「管理が行き届いている物件だ。」という印象を
   持ってもらえる重要なポイントです。

 2.女性目線でチェックされるキッチン、浴室、トイレは清潔さをアピール
   物件の見学には女性も多くいらっしゃいます。女性は全体的家にいる時間が長いので男性よりも厳
   しいチェックが入ります。特に、女性が気にされるのはキッチン、浴室、トイレといった水回り。
   キッチンのレンジや換気扇の汚れは除去し、清潔感をアピールしましょう。浴室のタイルや浴槽の
   汚れ、トイレには匂いや湿気があるものです。窓があるなら開放し、なければ換気扇を回して、匂
   いや湿気を除去しておきます。

 3.お部屋を明るく見せるため、照明を清掃しておきましょう。壊れた電球も取り替えしておくと尚良
   いです。購入希望者の方を家の中に招く際には、玄関から廊下、居室からトイレ、浴室など全ての
   照明をつけて明るくした方が印象が良くなります。しかし照明そのものが暗かったり、壊れていた
   りしたら逆効果。
   汚れている照明は念入りに掃除を行い、古くなり切れかけている蛍光灯や電球を交換するで室内は
   明るい印象になります。見学はできるだけ日中の明るい時間に来ていただき、カーテンやブライン
   ドは開けて開放的なお部屋を演出しましょう。

 

次回も物件の購入希望者が見学に来るときの心得をまとめていきます。

 

名古屋市及び日進市、東郷町、長久手市で一戸建て、土地、マンションの売却に関してのご相談や、住み替えに関してのご相談等ございましたらお気軽にご連絡ください。

無料査定フォーム

pagetop

Century21(センチュリー21)興和不動産

0120-212-200

無料査定フォーム

センチュリー21興和不動産
〒468-0015
名古屋市天白区原4丁目201番地

無料査定フォーム